chapup

チャップアップ液垂れ問題が深刻化!1回30プッシュは必要なのか?対策は?

チャップアップユーザーから気になる情報を入手しました。それがこちら。

「チャップアップの取説通り1回30プッシュすると液が垂れてくるんだけど・・・」

液が垂れてくるってどういうこと?これは放っておけませんね。早速調査しちゃいましょう。

チャップアップの液垂れに悩む人続出

液垂れについて探るべく、ネットの口コミサイトにも潜入してみました。

やっぱりありましたね、液が垂れてくるという意見。しかもかなり多くの方が悩んでいる模様。

チャップアップの使用量は1回あたり30プッシュ。これが多いのではないかという指摘も見受けられました。

30プッシュとは大体4mlだそう。小さじ1で5mlですから少量に思いますが、髪につけるとなると、そんなに多いんでしょうか。

少ないようで多かった4mlのビーム

わずか4mlで液垂れという事態。状況を整理してみましょう。

まずはチャップアップのボトルの形状について。実はチャップアップの吹き出し口は、ビームタイプ。ボトルの外見からするとミストタイプなのかなぁと思いそうですが、意外としっかり出ます。

この形状が液垂れ問題と大きく関わっているようです。

毛髪ではなく頭皮に直接浸透させるため、ビーム状になっているのですが、これだと一点集中になってしまいます。そのため、頭皮を伝って液が垂れてくるんですね。

公式サイトにも出ていた!液垂れ問題

液垂れに関する問題は、チャップアップの公式サイトにある「よくある質問」にも掲載されていましたので、ご紹介しましょう。

公式サイトの質問では、「ぼたぼた垂れてくることがある」と記載されていますね。

これに対する回答のポイントは以下の通り。

・一度に30プッシュするのではなく、少しずつ塗布する
・プッシュのたびに揉み込む

なるほど。せっかちにプッシュするのではなく、丁寧に浸透させることが大切なんですね。

チャップアップの量と効果は比例するか

チャップアップのように効果が期待できる育毛剤ほど、やっぱり値段も張ります。大事に使いたいところですから、液垂れなんてもったいない。

口コミで見かけたのが、「チャップアップの使用量はもっと少なくてもいいのでは?」という意見。

チャップアップの量を減らすことは、液垂れ対策としては有効かもしれませんが、効果が落ちてしまっては本末転倒ですね。

説明書通りに使用している方は、やはり最大限の効果を引き出したいという気持ちのはず。

今のところ、チャップアップの量を減らしたことで、具体的にどのような変化があったかという検証はされていないので、否定も肯定もできないのが実際のところ。

チャップアップの量と効果についての関係性については、今後の口コミに委ねたいと思います。

チャップアップ液垂れ対策が知りたい!

説明書通りの使い方が最大限の効果を生み出すというのは当然。でも、液垂れも対策が必要。

ここからは簡単にできる液垂れ対策法をご紹介していきましょう。

簡単すぎる対策が簡単すぎてイイかも

液垂れ対策その1。気になるなら、「タオル」を首に巻きましょう。

って、拍子抜けしました?

量はそのままで、使い方も今まで通り。そうなると下に垂れてくるのは仕方がありませんね。でも、垂れてきた薬剤が洋服につくのは防ぎたいところ。

そういう場合は、首にタオルを巻いておけば大丈夫。チャップアップには着色料などは含まれていませんから、洗濯すればシミになることはありません。

使用量を減らさず、短時間でチャップアップを塗布するなら、首にタオルを巻く方法でストレスを軽減しましょう。

一滴たりとも無駄にはせん!という方へ

もしかしたら、「首にタオル、やってたよ」という方はいらっしゃるかもしれませんね。あと、「一滴でも無駄にしたくない」という方も。

では、液垂れ対策その2です。

よくある質問の回答に書いてあったように「少しずつ」塗布するというのが、最も良い対策だと言えますね。「少しずつ」というのは、つまり「段階的に」プッシュするということ。

チャップアップをプッシュしてから、すぐに揉みこむ感じでマッサージをすると、頭皮に浸透していきます。丁寧に毛髪をかき分けながらやってみましょう。

チャップアップの公式サイトでは、育毛剤をつけた後に頭皮マッサージをすすめていますが、液垂れ対策にもなるわけですね。

しっかりマッサージすれば、液垂れも防げる上に頭皮にも良い効果を与えられるようです。

頭皮マッサージをおすすめする理由

チャップアップを段階的につけていくなら、まずは頭頂部から。大体1か所あたり5プッシュくらいが目安。そのあとすぐにマッサージをしましょう。頭皮に浸透させるイメージです。

徐々に場所をずらして、襟足あたりで終われるのが理想。チャップアップが頭皮全体に行き渡った感じがして、液垂れはほぼ無いでしょう。

この方法のデメリットは時間がかかるということ。忙しい朝には手間かもしれませんね。

しかし、チャップアップを一滴たりとも無駄にしたくないなら、これがベスト。頭皮マッサージをすれば血行も良くなるので、より高い効果が期待できるはずです。

急いでプッシュして無駄な液垂れにストレスを感じるより、ゆっくり時間をかけてケアしていくほうがメリットは大きいですよね。

面倒くさがりな方にとっては難しいかもしれませんが、自分のために手間をかけてみましょう。

1回30プッシュ4mlは納得の量だった

プッシュと頭皮マッサージについてご紹介しましたが、今度はプッシュする場所について。

スカルプケアの初心者に多いのが、育毛剤を使う場所についての勘違い。薄毛が気になる部分にだけ使っていませんか?

ホントは全部!?頭皮に隠された真実

薄毛はその部分だけの問題と思いがち。しかし、本当は頭皮全体で起きている現象なんです。

男性の薄毛の原因として大きいのが、頭皮環境の悪化。血流が悪くなったり、栄養が偏ると薄毛や脱毛が進行するんですね。うっかり薄毛部分だけに気を取られがちですが、頭皮全体をケアすることが大切。

ということは、チャップアップも頭皮全体に塗布する必要があります。頭皮全体の血行促進や栄養補給をサポートするわけですから、1回30プッシュは妥当な量と言えそう。

ユーザーの口コミにも、頭皮全体に塗布しながら、頭皮マッサージをすると効果が高まったように感じるという意見は多いようです。マッサージをすると、頭皮全体がポカポカと温まりますので、効いてるな、という気持ちになるみたいですよ。

まとめ・チャップアップは使い方次第

チャップアップの液垂れ問題について、現状と対策を考えてみました。せっかく使うんだったら、「無駄なく効果的に」というのがユーザーの望みですよね。

ここでご紹介した方法を参考にして、チャップアップと仲良くスカルプケアに励んでいってください。